RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

料理人のひとり言

オーナーシェフの不定期な日記です。
<< 沖ノ瀬キンメダイは良型連発! | main | 久里浜沖の真鯛は撃沈! >>
21年振りの富浦で真鯛釣り


今週は21年振りに千葉県富浦港の共栄丸さんからの真鯛釣りに行ってきました!

こちらの共栄丸さんは私が21歳から31歳までの10年間磯釣りばかりやっていた頃

ほぼ毎週のように仕事仲間と通っていた渡船屋さんで21年ほど前に息子さん(宏宜船長)

後を継ぐことになった時に沖釣りを開業して磯・船の2本体制になり沖釣りはその最初

の1年位お世話になりその後私は父の跡を継ぎ今の光春の仕事になり足が遠のいて

いましたが昨年某釣り雑誌に釣り魚料理を出すお店として取材を受けたことから、FaceBook

を通じて再会、また先月新造船を21年目にして就航させたという事で富浦の真鯛釣りを

楽しんできました。・

朝港に着き待っていると先に宏宜船長がやってきて21年ぶりの再会の握手をしその後大船長

の親父さんも来てご挨拶近況を話しながら準備を済ませちょっと悪天候の中定刻の5時半に

4名の真鯛ハンターを乗せ出船〜航程5分弱の真沖からスタート目の前は磯釣りの頃によく

乗っていた大房の磯を見ながらのちょっと感慨深い思いを抱きながら30mのタナからスタート

開始してすぐアタリ、ググッと小さな引きでアジ?上がってきたのは手のひらサイズの木葉ながら

本命!しかし小さすぎなのでリリースそのごも小型が連続ヒット、3匹目にやっとお刺身サイズ

(約600g)何回か潮回り後に本日の最大2kgの良型の真鯛をゲット!


この後場所移動して流す度誰かにヒットが続き私も2匹追釣、本命場所の象背根は

エサ取りが多く仕掛けを入れても直ぐ付けエサが無くなる状態で暫くして場所移動

移動後はまたポツポツとアタリ3匹追釣して終わってみれば7匹で竿頭となり

(リリースは数に入れず)久しぶりのそして今シーズン初の乗込真鯛は好釣果に恵まれ

ました!


        2k頭に7匹


            2kの真鯛

港に戻り検量と記念撮影後しばし大船長や大女将・宏宜船長と昔話に花が咲き

しばしノスタルジー?ひたり、楽しく話をさせてもらい1日を通して楽しい

釣行となりました、春の乗込シーズンは始まったばかり、今シーズンは富浦沖の

モンスターを狙って見たいと思います。

この日の釣果は水曜日から海鮮刺身皿でお出しします

今回お世話になったのは」内房富浦港の共栄丸さんです、就航したばかり

の新造船に乗ってみてください、アットホームで親切に教えてくれますので

初心者の方も安心して乗船できますので行かれて見てください。

http://www.kyouei-maru.com/index.htm
| フィッシング | 14:29 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://iitaihoudai.koushun.com/trackback/1123136